仲人士が知っている婚期を逃す女性のタイプ

こんにちは、エンジェルロード婚援隊 冨永です。

現在、婚活中!これから婚活しようかな!と思っている女子にはちょっと耳が痛い話かもしれません・・・ここ数年、私(仲人)が見た!感じる!・・・特に30代半ばからのアラフォー女性によくみられる傾向です。婚期をチャンスを逃している女子に伝えたい!! ちょっとここに書くのはキツイ内容かな?と思いましたが、あえて書きます。
もし・・・自分にちょっと当てはまるのかも??と思ったら速攻、弊社にお越しくださいね!
婚活のやり方、見方も変わるし、結婚相談所というリアルな現場ならではのエピソードをたくさん持っているプロの仲人の話を聞いてみるのもいいかもしれません。結婚への近道になれば幸いです。

婚期を逃す女性のタイプ その1
女子会大好き!な「他力本願女子」
心の中で、女子会で「そんなに高望みしていないのに、どうして結婚できないのかなぁ?」という疑問を言葉にして他人に言っていませんか? 他人ではなく、まずは自分に問いかけてみてください!「どこかにいいヒト、素敵な男性いないかな?」「自分の周りにはいいヒトいないよね!」もしも、こんな話題が頻繁に出るような女子会に参加しているようなら、すでに危険な香りが漂っていると言っていいと思います(少ないと思いたいですが・・・)。というのも、これを分析すると、「現在、結婚していないのは自分ではなく、周りの男性が自分を見る目がない!と思っている傾向がある」からです。現状をボヤいているだけの女子会では、ほぼムダなような気がします。仕事帰りに安い居酒屋や立ち飲み屋で、安酒をあおってクダを巻くオジさんたちと一緒では?と私は思ってしまいます。他力本願女子に対していきなり辛口のコメントになってしまいますが「オレが実力を発揮できないのは会社のせいだ!」などと息巻くオジさんと同じようなイメージでは?ってことです。
とはいえ、このような女子会を全面的に禁止したほうがいいと言っているわけではありません。「女子会メンバーに既婚者を混ぜてみてください。未経験の人が集まって妄想談義を続けて盛り上がるよりも、結婚の事実を知ったほうがはるかに有意義ではないでしょうか?」蛇の道は蛇です。恋愛や結婚の話も、その道のプロに聞けば成功への近道です。

婚期を逃す女性のタイプ その2
モテ期にすがりがちな「プチ!バブル女子」
モテ期経験のあるプチ!バブル女子は、自分より格上の男性ばかりを狙う傾向にあります!
かつて若かりし頃、20代半ば・・・複数の男性から好意を寄せられた経験のある女性も、今に至っては、なかなか結婚できないタイプであることが多いように思います。「モテ期」と「バブル期」を少しでも経験したプチ!バブル女性が婚期を逃しがちな理由は「自分の市場価値を把握しきれていない」女子が多いというところでしょうか・・・。
たとえば、25歳のときには高飛車な態度でもOKだったのが、同じことを10年後の35歳でしていては「10年落ち感」が否めないということです。過去にモテ期があったということはスッパリとキッパリと忘れましょう。今の自分は男性の目にどう映っているかをしっかり見極める必要がありそうですよ!
気持ちも体も20代には負けていないし、自分はあの頃の若いままよ!では後で痛い目に・・・。
そんなことにならないように現状を知るのは辛いかもしれませんが・・・自らの気付きです。
それを避けていては、結婚は難しいものになるやもしれませんよ。


人気ブログランキング

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
結婚につながる確かな出会い 婚活するなら!
九州・福岡の結婚相談所 Angel Road
http://www.angelroad-co.com/
住所:福岡市博多区博多駅東1丁目12番5号
博多大島ビル2階
TEL:092-292-3339 FAX:092-292-3336
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

このBLOG記事を書いた人

冨永 浩
冨永 浩エンジェルロード久留米 婚活士
あなたが結婚に求めているものは何ですか。
エンジェル・ロードはお客様との丁寧な対話で、結婚について本音で語り合い、結婚というゴールを最短で目指します。

結婚のプロがサポートいたします!

「エンジェルロード」は縁結びのスポットとして有名な『小豆島のエンジェルロード』にちなんで、お見合いのセッティングや福岡県内各地で開催される婚活パーティー・セミナーのご案内はもちろん、交際からご成婚に結びつくまでの道のりもしっかりとサポート致します。
敬愛する坂本龍馬が現代にいたならこういうでしょう。「なぁんも心配いらんきに。まずは会うてみるがぜよ」
私たちエンジェルロードは、あなたのおせっかいだけど温かい龍馬でありたいと思います。まずはお話だけ。
気軽に楽しい婚活システムをお聞きにお越し下さい。